独自の高密度培養技術と自社GMP設備によるトータルソリューションをご提供

main busines

■GMPプラスミド及びタンパク受託生産

■Non-GMPプラスミド及びタンパク受託生産受託

■遺伝子工学実験受託

■共同研究・受託研究

About us

 当社は独自の高密度培養技術を基にGMPグレードのプラスミド・タンパク
受託及び、non-GMPグレードのプラスミド・タンパク受託を含む遺伝子工学実験の
各種受託をお引き受けいたします。
医学や遺伝子工学の発展に寄与することを目的に設立された、沖縄発のバイオベンチャー企業です。 

弊社ではプラスミドDNA及びタンパクを、御希望量に応じて、mgオーダーからgオーダーで受託いたします。
お預かりしたサンプルは弊社独自の高密度培養技術にてプラスミドDNA抽出・タンパク生産、精製を行います。
また、GMP準拠のご依頼にも対応できるハザードルームを完備し、治験薬GMP(薬食発第0709002号、平成20年7月9日)に則り運用を行っておりますので、
臨床を前提としたご研究にも対応いたします。
GMP準拠のプラントは弊社独自の独創的なコンセプトによる、培養から粗精製までを完全閉鎖系にて確立したプラント(特許第3547715・US6,773,913B2)で、
培養タンクには物理的消泡装置を装備し培養容量効率70%以上、CIP洗浄・殺菌、SIP滅菌が可能です。
【ご注意事項(プラスミド)】
*安全性がはっきりしないものは、お引き受けをお断りすることがあります。*プラスミドの種類により目的の量が得られない時があります。
*プラスミドの生産量は個々のプラスミド、挿入遺伝子、宿主との組み合わせによって大きな違いがあり、場合によっては目的の量をご提供するために必要なコストが、
お客様の予想を上回ることがあります。
【ご注意事項(タンパク)】
*安全性がはっきりしないものは、お引き受けをお断りすることがあります。
*目的タンパク質、発現系によっては、目的の発現量が得られない時があります。
*目的タンパク質、発現系によっては、目的の純度まで精製できない場合があります。
*目的タンパク質によっては、高次構造を回復させること(リフォールディング)が困難な場合があります。*タンパク質の生産量は個々のタンパク質によって大きな違いがあり、
場合によっては目的の量をご提供するために必要なコストが、お客様の予想を上回ることがあります。